らーめんの一番亭

ランチタイムサービス:月曜日〜土曜日(祝日・日曜日を除く)
午前11時〜午後6時まで(三島駅前店・湯河原店は除く)


CALENDAR

静岡新聞に 時の栖さんとの共同開発した 頼朝公旗揚げ餃子と旗揚げビールが掲載されました

先日の静岡新聞に、時の栖さんと共同開発した

頼朝公旗揚げ餃子と旗揚げビールのことを取材頂きました。

 

 

今回、静岡県とJTBさんが共同で開催された講座に参加したのがコラボのきっかけです。

 

 

静岡県って、歴史的にも文化的にもとても縁が深いものが多いんですよね。

 

 

東部に限っても、

 

 

北条氏や源頼朝、戦国時代は東海一の弓取り今川義元、後北条家、後の天下人徳川家康…

 

武田家も縁が深い場所があります。

 

 

幕末は幕府の直轄地として、海防と弾道計算のスペシャリストの江川家…

 

(勝海舟と親交が深く、佐久間象山や桂小五郎が江川太郎左衛門の弟子でした。

 

坂本龍馬は佐久間象山の弟子なので、孫弟子に当たると思うと感慨深いですね)

 

 

 

明治の文豪から、近代の魅了的な小説家まで、

 

夏目漱石、森鴎外、太宰治、梶井基次郎、谷崎潤一郎…

現代の小説家も縁が深い方が多く、吉本ばななさんも幼少期を過ごされ、今も多くの時間を伊豆で過ごされているそうです。

 

そんな静岡県東部の歴史的・文化的リソースを活用して、商品やサービスの開発をしよう、という講座でした。

 

そこで意気投合したのが、時之栖さんと日本大学の学生さん。

今回無事にお披露目できて嬉しいです!

.
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
.

猪ギョーザを旗揚げ

 

 

飲食業のにしはらグループ(三島市)と加工品製造販売やホテル、レストラン経営などを手がける時之栖(御殿場市)が、源頼朝の旗揚げに由来した「頼朝公旗揚げ餃子(ギョーザ)」を共同開発した。県東部の歴史文化資源を生かした商品で、7日に発売した。

東部の2社タッグ

 

にしはらグループと時が共同開発した「旗揚げ餃子」や「頼朝公旗揚げビール」=御殿場市

頼朝公に由来、歴史資源生かす

 

三島市で7~9月に開かれた商品プラン開発セミナー(県など主催)で、2社と日本大学国際関係学部の学生が考案した。

 

伊豆に流された頼朝が三嶋大社で源氏再興を目指し旗揚げした故事や、頼朝が富士山麓で行った「富士の巻狩り」の大猪(いのしし)退治のエピソードにちなみ、伊豆市産のイノシシ肉を使用したギョーザを新規開発した。

 

イノシシ肉は風味や旨みが豚肉に比べて深い特徴があるという。主張が強いため、飛騨高山のサンショウでうまみや香りをまとめたという。

 

時之栖が持つ「伊豆の国ビール」と特に相性がよく、「頼朝公旗揚げビール」としてラベリングし限定仕様も用意した。

にしはらグループの西原洋平社長は「旗揚げで縁起が良く、新年にぴったり」と笑顔を見せ、「県外の人に県東部の魅力を伝えると同時に、地元への恩返しとして活性化に貢献できれば」と期待する。

 

時之栖側の担当者の加藤弘一朗さんは「今後も地域との

関わりを重視した企画を展開したい」と話した。

 

時之栖手づくり工房で販売を開始し、「頼朝公旗揚げ餃子」は18個入り税込み1,000円、「頼朝公旗揚げビール」は330の瓶で1本税込み440円。

 

にしはらグループでは、沼津市と富士宮市の無人販売店でギヨーザを、一番亭やかつ銀、ぼて福各店でビールを近く提供開始する予定という。

 

 

【御殿場高原 時之栖 公式HP】

70年目の新ラーメン「三河白醤油らーめん」はじまりました。

 

黄金のスープと熟成チャーシューのマリアージュ。

 

創業70年を超えた一番亭が新しく作ったのは、塩ラーメンのような見た目なのに、

 

うまみと深みを感じる「白醤油の」ラーメンです。

 

【味の決め手は、「足助仕込三河しろたまり」】

 

 

奥三河の標高730mにある旧足助町大多賀(現豊田市大多賀町)の閉校となった小学校校舎を利用した足助仕込蔵、

 

愛知県産小麦と伊豆大島の伝統海塩。地場の天然水を使用して、今はもう少ない昔ながらの木桶を使用して天然醸造で仕込んでいます。

 

化学調味料や保存料は一切使わず、製造過程で火にかけることのない、生のお醤油です。

 

 

今回、本当においしい白醤油を探し求めて、膨大な試作品と試食の上で出会ったのがこちらの白醤油でした。

 

通常の白醤油の2倍の小麦麹を仕込に使い、濃厚に仕上げたしろしょうゆは、味のコクが違います。

 

白醤油の風味を大切に活かした上で、

 

うまみとあまみ、コクがより際立つように、

熟成醤油3種をブレンドしたかえしに、鶏の旨みをしっかりと感じるスープを合わせました。

 

 

【とんかつかつ銀から生まれた、とろとろのレアチャーシュー】

 

とろとろのレアチャーシューは、

「とんかつ かつ銀」でご用意している「極レアとんかつ」の開発で、何百回と試行錯誤を繰り返した経験から生まれました。

 

お肉の美味しさを最も感じてもらえる、

やわらかさと、うつくしい鴇色(ときいろ)のレアチャーシュー。

 

絶妙の火加減でお出ししているので、盛りつけした瞬間が一番きれいな色になっています。

 

ぜひ、スープの温度で火が入ってしまう前にお召し上がりください。

 

 

【一番亭の自家製麺 細麺】

 

スープに合わせるのは一番亭の自家製麺 細麺。

 

厳選された小麦粉を使い、コシと喉越しに特化した細打ちストレートめん。

 

シンプルでコクと甘みを感じるスープにピッタリです。

 

 

最高の引き立て役は、原了郭の黒七味です。

 

【原了郭の黒七味とは…】

 

 

創業、貞享2年(1685)。

水雲堂弧松子(すいうんどうこしょうし)によって著された『京羽二重』という書物に「香煎屋 了郭」が記されています。

 

百年以上前、当時の当主が、香煎に並ぶもう一つの看板商品を生み出そうと、香煎の原料の一つである 山椒に着目したことから生まれました。

 

 

白ごま、唐辛子、山椒、青のりなどをから煎りし、細かく挽いた後、丁寧に揉みこむことで
唐辛子や山椒の色が隠れ、独特の濃い茶色となります。

混ぜ合わせてつくる七味との違いが色に出ているんですね。

 

 

原料の持つ油分を挽き出し、丁寧に揉みこむことで原料同士が調和し、しっとりと香りの深い七味に仕上がります。

 

香り高く、口どけの良い「青のり」を入れることで旨味と香りが一段と増します。

「青のり」と「あおさ」は植物学上別のもの。黒七味に使われている「筋青のり」や、ぶどう山椒が黒七味の深い風味を作り出します。

 

半分食べ進めたら、ぜひ黒七味を加えて味の変化をお楽しみください。

 

 

【提供店舗】

 

「三河白醤油らーめん」は、こちらの一番亭でご用意しています。

 

餃子の一番亭 三島駅前店  〒411-0036 静岡県三島市一番町17−60
餃子の一番亭 伊豆長岡店  〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡250−8
餃子の一番亭 東名インター店  〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1246−19
餃子の一番亭 富士青島店  〒417-0047 静岡県富士市青島町278
餃子の一番亭 富士柳島店  〒416-0932 静岡県富士市柳島57−1
餃子の一番亭 湯河原店  〒259-0304 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下29
餃子の一番亭 阿幸地店  〒418-0071 静岡県富士宮市東阿幸地698
一番亭 伝法店  〒417-0061 静岡県富士市伝法2628−1
一番亭 塚原店  〒411-0016 静岡県三島市塚原新田297−1
一番亭 下土狩店  〒411-0943 静岡県駿東郡長泉町下土狩 御嶽堂323-4
一番亭 松野店  〒421-3301 静岡県富士市北松野1889−2

 

令和6年能登半島地震義援金募金のお願い

令和6年能登半島地震義援金募金のお願い
令和6年1月1日16時10分頃、
石川県能登半島で能登地方を震源とする
最大震度7(マグニチュード7.6)の地震によって、
石川県、新潟県、富山県、福井県の4県を中心に、
甚大な被害が出ました。
被災された方々を応援するため、
にしはらグループでは
かつ銀・一番亭・ぼて福
18店舗全店にて募金を開始致しました。
お預かりした募金は日本赤十字社を通して
被災者の皆様へお届けいたします。
何卒皆さまのご支援をお願いいたします。
㈱にしはらグループ