らーめんの一番亭

ランチタイムサービス:月曜日〜土曜日(祝日・日曜日を除く)
午前11時〜午後6時まで(三島駅前店・湯河原店は除く)


CALENDAR

一番亭のレアチャーシュー

 

肉質:選び抜かれた銀丸三玄麦豚

 

一番亭のレアチャーシューは、かつ銀と同じ銘柄豚の「銀丸三玄麦豚」を使っています。
一般的な豚肉に比べて麦を豊かに与えて育った豚肉は、赤身の豊かな美味しさと脂身の甘さがバランスよく感じられるお肉です。

 

じっくりと時間をかけて煮込むチャーシューは脂身が多かったり噛みごたえのある、腕やバラ肉のような部位がよく使われるのですが、

しっとりと柔らかく仕上がって欲しいレアチャーシューには「ロース」が1番向いているお肉です。

 

一番亭のレアチャーシューは、かつ銀で1番自信を持ってお出しできるロースと同じものを使っているんですね。

かつ銀と一緒に注文し、かなりの数をお願いすることで、この肉質がこのお値段でお届けできます。

 

火入れ

 

一晩かけて、じっくりと火入れをしたお肉は、美しい鴇色に。

お肉のおいしさを閉じ込めるため、大きな塊でゆっくりと一晩をかけて加熱します。

 

時間をかけることで、タンパク質が変質せず、お肉のおいしさを最大限に引き出し、そして中心部分は鴇色に。

厚生労働省が定める食品衛生管理法条の基準に基づき、安心できる品質に加熱を安心できる品質に加熱を。

 

しっかりと火が通っていながら、中心部はわずかに鮮やかなピンク色を残す火入れに仕上がります。

 

味付け:秘伝のつけダレ

 

一番亭では、伝統ある秘伝のつけダレを使用しています。

数十年にわたる経験と工夫が詰まったこのダレは、ラーメンと相性抜群で、選び抜かれた醤油をベースにしています。

 

甘さと辛さが絶妙に調和したこのダレは、チャーシューの風味を一層引き立て、味わい深い体験を提供します。

 

チャーシューは、包丁を入れてからの鮮度が命

 

チャーシューは包丁入れてからの鮮度が命。

切り口がつやつやとしてきめが細かく1番美味しく食べられます。

 

なので、カットはお店で。

専用のスライサーでその日使う分をだけをその日にカット。

 

小さな事ですが、その積み重ねが美味しさにつながります。

 

 

【店舗】

 

そんな「一番亭のレアチャーシュー」は、こちらのお店でご用意しています。

 

餃子の一番亭 三島駅前店  〒411-0036 静岡県三島市一番町17−60
餃子の一番亭 伊豆長岡店  〒410-2211 静岡県伊豆の国市長岡250−8
餃子の一番亭 東名インター店  〒410-0011 静岡県沼津市岡宮1246−19
餃子の一番亭 富士青島店  〒417-0047 静岡県富士市青島町278
餃子の一番亭 富士柳島店  〒416-0932 静岡県富士市柳島57−1
餃子の一番亭 湯河原店  〒259-0304 神奈川県足柄下郡湯河原町宮下29
餃子の一番亭 阿幸地店  〒418-0071 静岡県富士宮市東阿幸地698
一番亭 伝法店  〒417-0061 静岡県富士市伝法2628−1
一番亭 塚原店  〒411-0016 静岡県三島市塚原新田297−1
一番亭 下土狩店  〒411-0943 静岡県駿東郡長泉町下土狩 御嶽堂323-4
一番亭 松野店  〒421-3301 静岡県富士市北松野1889−2